« 溝掃除の日 | トップページ | 石坂さんの講習会、締め切りました »

2015年6月 8日 (月)

曲名をカナで表示する場合は・・・・

普通、日本ではフォークダンスの曲名はカタカナで表示されます。

でも・・・それって・・・割と難しいんです。

カタカナは表音文字なので・・・聞いた通りに表示すればいいのですが、なかなかそうはいきません。

例えば”バ”と”ヴァ”・・・・”ba”なら”バ”、”va”なら”ヴァ”でしょうかね。

日本語はアイウエオの母音が入りますが、外国語には子音だけの場合もあり、その場合の表示は??

また長い曲名もあり、単語の切れ目の表示はどうするの?

よくする方法は空白で区切る、または”・”で区切る。

例えば”ホラ ビカ”または”ホラ・ビカ”というように。

まあ、アルファベットでそのまま書いた方が悩まなくていいのですが・・・。

でも、フォークダンス、世界中の踊りですから・・・・アルファベット以外にキリル文字などがあり、パソコンでする場合、文字が出てこない・・・・(出す方法もあるんですが・・・パソコン処理するのに支障があります)

ロシア文字の”Я”
ギリシャ文字の”α”

 
Bătrâneasca

のようにアルファベット文字の上・下にひげ?のある文字もあります。
このひげ文字をどう表示する?(アルファベットに変換してどう表示する)ってのがなかなか難しい問題です。
Denc’さんのHPに詳しく出ていますので・・・興味のある方はそちらへ。

まあ、一番無難なのはアルファベットとカタカナで併記することでしょうかね。

見本に・・・6月からのころころ例会の予定表です。

「2015.07_No79_korokoro.pdf」をダウンロード

曲名をアルファベットとカタカナで併記。
国名とティーチャー(元ソース)も表記しています。

姫路では、特にチェーンダンスの踊りは、それぞれの海外のティーチャーから直接教えてもらった人がコールしている場合が多いです。

よく知られていることですが、チェーンダンスは国・地域によって独自のスタイリングがあり、伝達で別の人が重なるほど、オリジナルのスタイリングが失われていきます。(つまり踊りが変わっていく可能性があります)。

時として、パーティーなどで、とんでもない踊り方に出くわすこともありますので。

ですから・・・姫路では元ソースは誰?、誰の踊り?・・・というのを気にかけています。

なるべく、その国・地域の踊り方を大切にしたい、ということで。

例えば日本の郡上の踊りの”春駒”を海外で見て・・・全然違って踊られていたら、教えらてていたら・・・、怒る・ガッカリする・・・でしょう。

それと同じです。

海外のフォークダンスを踊るのなら・・・そのあたりを気にして踊りを楽しみたいもんです。

幸い、姫路では年に数回、海外から著名なティーチャーを招いて講習会をしています。
ですから会員のみなさんが直接その姿を見られるし、また触れることもできます。

そういう意味で、それが出来る、姫路フォークダンス協会は・・・とてもいいサークルだ、と思いませんか。

 

« 溝掃除の日 | トップページ | 石坂さんの講習会、締め切りました »

フォークダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 溝掃除の日 | トップページ | 石坂さんの講習会、締め切りました »